静岡で墓石を探している親戚

法事で集まった時の話

静岡の墓石屋と自分の老後

静岡で墓石を探している親戚

親戚が集まるのは結婚式か仏事、法事ぐらい、祖父母が生きていた頃はそこに集まっていたのですが、祖父母が亡くなってからは集まることもなくなりました。

先日法事のさいに、自分たちのお墓の話になりました。

最近は長男が先祖代々のお墓に入る、という習慣もくずれているようですね。

両親と一緒に住んでいなければ、わざわざ実家のお墓に入るというのも無理な話です。

生きているうちにお墓を建立しようと静岡で墓石を探しているという親戚がいます。

静岡の墓石屋さん(牧之原石材)に行ったり、パンフレットを取り寄せたりしてどんな墓石にするのか決めているのだそうです。

なんだか夫婦揃って、旅行や車でも買うみたいに楽しそうでした(笑)。

自分のお墓について考えるなんて、ある程度の年になると計画のひとつになってくるのでしょうか?私はアラフォーの身ですが、まだ独身。

苗字は実家の苗字を名乗ってはいるものの、住んでいるところも違い、もしこのまま一生独身だったらやはり自分のお墓について考えなければならないですね。

そんなことを考えていると、やはり老後の人生、パートナーは欲しいな、と思います。

今はまだ両親も健在で自分も元気だけれど、高齢になってくるといろいろな面で不安が出てくるものでしょうね。